最新

スキンケアをする時、乳液やクリームはつけた方がいいのか、迷っている人もいるでしょう。

結論からいえば、やはりつけた方が本当はいいのです。

若い頃、特に肌の調子がいい時は、化粧水だけでもつるつるの肌になることができます。

しかし20代に入ると、その機能が衰えて来ますので、やはり乳液やクリームをつけた方が、肌のしっとり感が保たれます。

また保湿機能だけでなく、美容成分も含まれていますので、その意味からも、つけることをお勧めします。

ところで乳液やクリームといっても、この両者は本当はそれぞれの役割が違います。まず乳液の方ですが、クリームよりも水分が多く、感触が柔らかめに作られています。

そのため、肌を柔らかくする働きがあります。

一方クリームの方は、乳液よりも油分が強いため、与えた水分を逃がさず、保護する働きが乳液よりも強いといわれています。乳液だけつけた肌は、クリームをつけた肌よりも、やや保湿の面で弱くなります。

一番いいのは乳液をまずつけ、そしてクリームを重ねてつける方法です。ただしこの方法では、べたつくという人もいるでしょうから、そのような場合には、どちらかを単品でつけるといいでしょう。

逆に乾燥しがちな人、乾燥しやすい季節などは、重ね付けすることで、肌の潤いを保つことができます。

特に美白とかアンチエイジングなど、目的がはっきりしている場合は、乳液やクリームの両方を使った方が、効果を感じられることもあります。

それから乳液とクリームを朝晩で使い分けたい時には、朝に乳液、夜にクリームをつけるといいでしょう。

朝はメークをしますので、それで肌が保護された状態になります。

逆に寝る前はメークをしませんから、油分の多いクリームで保護した方がいいのです。

朝使う乳液は、メーカーやブランドによって、紫外線防止効果があり、しかも下地として仕えるアイテムを出している時もありますので、そういうのを使うといいでしょう。また乳液とクリームは、つける時も多少違いがあります。

乳液は感触がゆるめなので、顔の各部分に伸ばしてからそのまま伸ばすだけでいいのですが、クリームは概して硬めなので、そのまま伸ばすと肌をこすってしまい、かえってダメージになってしまうことがあります。

まず手のひらにクリームを取って体温で温め、柔らかくして手のひらに馴染ませてから、両手で顔を押さえるようにしてつけるようにしましょう。

特に気になる部分には、十分に馴染ませるようにしてください。

最近、私が使用しているのはちふれの化粧水と乳液です。

いろいろと化粧水を店頭で試していたところ、意外と自分の肌に合っていてすっと馴染む感じがあったので、使い始めることにしました。

ただ、ちふれっていうと、なんとなく安くて、ある程度の大人になったら良いものを使わないといけないというイメージがあったので、ちょっと躊躇してしまいました。

実際、母親に自分がちふれの化粧水を使い始めたと言ったら、もっと良いものを使いなさいと言われました。

更には私が買ってあげようかという言葉をいただいてしまいました。

買ってもらうのは嬉しいのですが、やっぱり自分の肌に合ったものが良いですよね。

そして母親から見ればちふれの化粧水とかは安いものだから、あまり効果がないというイメージがあるのかもしれませんね。

実際に使用してみて、1か月以上たちますが、肌の調子は割と良いです。

吹き出物とかは全く出ませんし、しっかり潤いが続いている気がします。

価格は化粧水も乳液も500円なので、本当にプチプライスです。

これで効果があるのかなと心配になるのもわかります。

ただ、ちふれって国産なんですよ。

他の低価格コスメは国産のものって少ないと思うのですが、ちふれは低価格且つ国産!

なんとなくそれだけで安心してしまいます。

それに、詰め替えも販売されているので、エコな感じもありますね。

パッケージもかなりシンプルです。

500円だからと思って気にせず、たくさん使えることも魅力に感じています。

また、私はよくこのちふれの化粧水を使用して、お手製のパックをしています。

コットンに化粧水を浸して、コットンを半分の厚さにします。

それを顔にたくさん貼って、その上からティッシュを乗せます。

ティッシュも化粧水を浸しておきます。

ちゃんと目と口、鼻が当たる部分は穴を簡単にでもいいので開けておくと、他に作業がしやすいですよ。

それから、この上に水分が蒸発しないように、ラップをします!

ヘッドバンドとかで軽く止めて、動かないようにします。

これを5分から10分くらいすると結構プルンプルンになるんですよ。

もちろんちふれじゃなくても大丈夫です。

自分に合う化粧水でできます。

ただ、やっぱりたくさん使うことになるので、ちふれとかプチプライスのものだと量を気にせず使えるからいいですよね。

この自家製パックをして、軽くマッサージした後に、乳液で更にマッサージをします。

これをすれば、私の肌は結構いい感じなんです。

結婚式に参列したり、同窓会に行くときとかね。

前の日からこのパックをするといいですよ。

UVケアは最近では、大人も子どももやっている当たり前の行動ですが、私はあまりまじめにやってきた方ではありません。

特に、育児で忙しかった10年前くらいまでは、化粧もろくにできず、UVカットの乳液なども全然塗れませんでした。

この頃は、最もまじめにUVケアをすべき時だったのです。

なぜなら、子どもと一緒にほぼ毎日、外出して、しかも太陽光がさんさんと降りそそぐ公園が主な活動場所でした。

それなのに私は、落ち着きのない子どもを待たせてUVケアをする余裕がなかったので、何もせずそのまま慌てて外に出ていたのでした。

そういう生活は子どもと一緒に過ごしていた4年間、続けていたのです。

それから子どもは保育園に入ったので、やっと私はしっかりと化粧をして、働きだしました。

それから何年か過ぎた辺りで、ある日、ふと自分の腕を見ると、小さな点が増えていることに気づきました。

あれ、と思って腕をこすったりしましたが、消えることはもちろんありませんでした。

これらの点は、何も付けずに毎日公園通いをしていた、育児期に浴びた太陽光のせいに違いありません。しみです。それともそばかすでしょうか。

どちらにせよ、もう消えることは難しいでしょう。

ショックと言うより、むしろ観察するように腕を見ました。太陽光を浴びればしみができる、それは何年も後に姿を現わすということが私の腕に起こっているのが分かったのです。

顔も観察しました。もちろん顔にもうっすらとしみのようなものができています。骨が目立つ頬や目の下あたり、つまり顔の中で高くなっているところが、太陽光を浴びやすかったようで、その辺りにできやすいようでした。

顔は腕より気になるので、ホワイトニング化粧品を使うことも考えましたが、それよりも、皮膚のターンオーバーに期待して、メイクを落とすときにしっかりと落ちるものを使い、しっかりと保湿するように心がけています。

今では毎日化粧もするので、顔に紫外線を直接浴びることは少なくなり、目に余るしみは現れてきません。

これくらいは年齢のため仕方ないと思うようにしています。

以前よりも肌が乾燥するようにもなってきたので、前よりも何度も化粧水やオイルを塗るようになりました。

紫外線を避けて、汚れはきちんと落とし、保湿をするという、基本的なお手入れをしっかりとすることが、私にできる最大のケアです。

また食事のバランスを考えて、青菜を食べる、コラーゲンの豊富な鶏肉を食べるなど、内面からのケアも侮れないと思います。

これ以上増やさないことも気をつけています。

20代後半に差し掛かってから徐々に、ほうれい線というものが気になり始めました。

笑った後にほうれい線にファンデーションの跡が着き、シワがくっきりと目に見えてしまっていました。

その顔を鏡で見たときは老けた自分の顔に大変ショックを受けました。

28歳を過ぎた頃からは、目尻にもシワが増えました。笑うとシワシワっと目尻に2〜3本シワが走っています。

また過去のニキビ跡なのか、日焼けした代償なのか、そばかすなのか、シミもちらほら顔に目立つようになってきました。

自分の肌に老化を感じると共に、ハリがなくなってきたんだなぁと日々痛感しています。

ほうれい線に関しては、人と接して、笑って、シワがくっきりと残って、老けてるなぁと思われてるんじゃないかと思うようになり、相手の顔をちゃんと見れなかったり、思いっきり笑うことに躊躇してしまうこともありました。

肌がたるまないように、口周りの筋肉を鍛えたらいいんじゃないかと思い、音楽を聞きながら口笛を吹いてみたり、よくタレントのローラさんがしているような頬をプクッと膨らませてみたり、ほうれい線のシワを伸ばそうといつの間にかこれらの行動が癖になっています。

そして意識的にそれをしているときは鏡で自分の顔を見てもほうれい線がそこまで気にならないことが多いです。効果があるのかどうか根拠はわかりませんが、私には効果が出ているように思います。

目尻のシワは毎日朝晩と化粧水や乳液を使うときに目の周りをマッサージして、若くなれ〜とおまじないをかけています。

鏡を見ながら、まだまだ若いぞーって思い込むようにし、外でも堂々と明るい表情でいることを心がけています。

そうすることで気分もよくなるし、人と接することも楽しくなりました。

顔のシミに関しては、もっといい化粧水などの肌ケアグッズや化粧品を使ったり、エステなど利用することでどうにかなるのかもしれませんが、正直たくさんお金をかけることはできないのですが、これからシミが増えていかないように日焼け対策や肌の保湿を継続していくようにします。

私はDHCのコンシーラーを使用していますが、コンシーラーをシミの部分にポンポンと使用するだけでも十分なカバー力があるのだなぁと実感しています。

厚化粧は好きではないので、気になるシミの部分にコンシーラーを用いて、後はナチュラルにメークをすることでイキイキとした気分で1日を過ごせます。

もちろんメイク前には目の周りと頬を上に持ち上げるようにマッサージを行ってスッキリとした表情になっている気がします。

お金はかけられませんが、少しずつの努力で若さキープをしていけたらなと思います。