スキンケアをする時、乳液やクリームはつけた方がいいのか、迷っている人もいるでしょう。

結論からいえば、やはりつけた方が本当はいいのです。

若い頃、特に肌の調子がいい時は、化粧水だけでもつるつるの肌になることができます。

しかし20代に入ると、その機能が衰えて来ますので、やはり乳液やクリームをつけた方が、肌のしっとり感が保たれます。

また保湿機能だけでなく、美容成分も含まれていますので、その意味からも、つけることをお勧めします。

ところで乳液やクリームといっても、この両者は本当はそれぞれの役割が違います。まず乳液の方ですが、クリームよりも水分が多く、感触が柔らかめに作られています。

そのため、肌を柔らかくする働きがあります。

一方クリームの方は、乳液よりも油分が強いため、与えた水分を逃がさず、保護する働きが乳液よりも強いといわれています。乳液だけつけた肌は、クリームをつけた肌よりも、やや保湿の面で弱くなります。

一番いいのは乳液をまずつけ、そしてクリームを重ねてつける方法です。ただしこの方法では、べたつくという人もいるでしょうから、そのような場合には、どちらかを単品でつけるといいでしょう。

逆に乾燥しがちな人、乾燥しやすい季節などは、重ね付けすることで、肌の潤いを保つことができます。

特に美白とかアンチエイジングなど、目的がはっきりしている場合は、乳液やクリームの両方を使った方が、効果を感じられることもあります。

それから乳液とクリームを朝晩で使い分けたい時には、朝に乳液、夜にクリームをつけるといいでしょう。

朝はメークをしますので、それで肌が保護された状態になります。

逆に寝る前はメークをしませんから、油分の多いクリームで保護した方がいいのです。

朝使う乳液は、メーカーやブランドによって、紫外線防止効果があり、しかも下地として仕えるアイテムを出している時もありますので、そういうのを使うといいでしょう。また乳液とクリームは、つける時も多少違いがあります。

乳液は感触がゆるめなので、顔の各部分に伸ばしてからそのまま伸ばすだけでいいのですが、クリームは概して硬めなので、そのまま伸ばすと肌をこすってしまい、かえってダメージになってしまうことがあります。

まず手のひらにクリームを取って体温で温め、柔らかくして手のひらに馴染ませてから、両手で顔を押さえるようにしてつけるようにしましょう。

特に気になる部分には、十分に馴染ませるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です