20代後半に差し掛かってから徐々に、ほうれい線というものが気になり始めました。

笑った後にほうれい線にファンデーションの跡が着き、シワがくっきりと目に見えてしまっていました。

その顔を鏡で見たときは老けた自分の顔に大変ショックを受けました。

28歳を過ぎた頃からは、目尻にもシワが増えました。笑うとシワシワっと目尻に2〜3本シワが走っています。

また過去のニキビ跡なのか、日焼けした代償なのか、そばかすなのか、シミもちらほら顔に目立つようになってきました。

自分の肌に老化を感じると共に、ハリがなくなってきたんだなぁと日々痛感しています。

ほうれい線に関しては、人と接して、笑って、シワがくっきりと残って、老けてるなぁと思われてるんじゃないかと思うようになり、相手の顔をちゃんと見れなかったり、思いっきり笑うことに躊躇してしまうこともありました。

肌がたるまないように、口周りの筋肉を鍛えたらいいんじゃないかと思い、音楽を聞きながら口笛を吹いてみたり、よくタレントのローラさんがしているような頬をプクッと膨らませてみたり、ほうれい線のシワを伸ばそうといつの間にかこれらの行動が癖になっています。

そして意識的にそれをしているときは鏡で自分の顔を見てもほうれい線がそこまで気にならないことが多いです。効果があるのかどうか根拠はわかりませんが、私には効果が出ているように思います。

目尻のシワは毎日朝晩と化粧水や乳液を使うときに目の周りをマッサージして、若くなれ〜とおまじないをかけています。

鏡を見ながら、まだまだ若いぞーって思い込むようにし、外でも堂々と明るい表情でいることを心がけています。

そうすることで気分もよくなるし、人と接することも楽しくなりました。

顔のシミに関しては、もっといい化粧水などの肌ケアグッズや化粧品を使ったり、エステなど利用することでどうにかなるのかもしれませんが、正直たくさんお金をかけることはできないのですが、これからシミが増えていかないように日焼け対策や肌の保湿を継続していくようにします。

私はDHCのコンシーラーを使用していますが、コンシーラーをシミの部分にポンポンと使用するだけでも十分なカバー力があるのだなぁと実感しています。

厚化粧は好きではないので、気になるシミの部分にコンシーラーを用いて、後はナチュラルにメークをすることでイキイキとした気分で1日を過ごせます。

もちろんメイク前には目の周りと頬を上に持ち上げるようにマッサージを行ってスッキリとした表情になっている気がします。

お金はかけられませんが、少しずつの努力で若さキープをしていけたらなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です